(577)「へやいっぱいの大どらやき」「ドラドラスパイ大作戦」 No ratings yet.

「へやいっぱいの大どらやき」

「へやいっぱいの大どらやき」「ドラドラスパイ大作戦」

ジュースばかり飲んでいることをママにしかられ、ふてくされたのび太が部屋に入ると、ドラえもんがなにやら実験のようなことをしていた。のび太に見られ、あわててごまかすドラえもんだったが、のび太に「とっておきのどら焼きをあげるから教えて」と言われ、説明を始める。
なんとドラえもんは、新種の細菌(さいきん)を作り出す実験道具『イキアタリバッタリサイキンメーカー』を使って、水からどら焼きを合成する菌を作っていたのだという。細菌とは何か、の説明から始めるドラえもんだったが、のび太にはむずかしすぎてわからないため、とりあえず続きをやって見せることに。
ところが、なかなか実験はうまくいかない。これまでも、388種類の菌を作ってみたものの、どれもうまくいかなかったのだという。気分を変えようと部屋を出て行くドラえもん。すると、残されたのび太は、自分がやればうまくいくとばかりに、勝手にサイキンメーカーを動かし、てきとうにいろいろな菌を作り出して…!?

(「へやいっぱいの大ドラやき」てんとう虫コミックス 第20巻より)

「ドラドラスパイ大作戦」

「へやいっぱいの大どらやき」「ドラドラスパイ大作戦」

スパイが主人公のテレビドラマに影響(えいきょう)され、すっかりその気になったのび太。スパイになれるひみつ道具がほしいと言われたドラえもんは、ポケットから『スパイ作戦ごっこセット』を取り出す。ところが、さっそく開けようとするのび太を止めるドラえもん。ムリに開けようとすると、爆発(ばくはつ)するというのだ…!
まず、ドラえもんが「のび太くんに依頼(いらい)。どら焼きを取ってきてほしい。」と書いた紙を、ケースの投入口に入れたところ、ケースのスパイマークが光って消え、ひとりでにケースが開く。中から飛び出てきたインカムを頭に付けたところ、のび太が着ていた服がボディスーツに変わったからビックリ! そして、「恐怖(きょうふ)ノ女王ガ支配(しはい)スル要塞(ようさい)カラ 幻(まぼろし)ノスイーツヲ奪取(だっしゅ)セヨ」という指令が発令され、部屋の中がそのまま石作りになったかのような映像(えいぞう)が映し出される。
“ナマケモノ”というコードネームを与えられたのび太は、さっそく指令を実行するため、様子をうかがいながら台所へと向かうが…!?

Facebook Comments

Please rate this

Leave a Reply

Alamat email Anda tidak akan dipublikasikan. Ruas yang wajib ditandai *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.