(580)「ピクニックで先をこせ」「かがみのない世界」[2019年11月30日放送] No ratings yet.

「ピクニックで先をこせ」

「ピクニックで先をこせ」「かがみのない世界」

今度の週末、みんなで高井山へピクニックに行こうと言い出すスネ夫。だが、いつものようにのび太だけさそってもらえず、ガッカリ…。ママにピクニックに行きたいとたのむものの、ダメだと言われて落ち込むのび太を見たドラえもんは、やさしく声をかける。
週末、スネ夫たちがピクニックに出かけて行ったのを確認(かくにん)し、先回りをするのび太たち。ところが、山に着いたのび太は、「パパもママもいて、食べ物もないと楽しそうじゃない」と言い出す。そこで、『どこでもドア』で家にもどり、座卓(ざたく)とざぶとんごと、パパとママを連れ出すことに。
しかし、その様子はどう見てもピクニックには見えず、のび太は大あわて。パパとママを部屋にもどすと、別の場所で『グルメテーブルかけ』を出し、パパとママに『きせかえカメラ』でピクニック風の服を着せ、ふたたび二人を連れ出そうと考える。ところがその時、げんかんのチャイムが鳴り、パパの友だちがたずねて来て…!?

「かがみのない世界」

「ピクニックで先をこせ」「かがみのない世界」

自分の顔はどうしてまんがみたいなんだろう…となやむのび太は、かがみさえなければだれも自分の顔を知らないのだから、引け目を感じることもないはずだと言い出す。それを聞き、『もしもボックス』を取り出すドラえもん。
のび太はさっそく、もしもボックスの中に入って受話器を取ると、「もしも、自分の顔を見たことがない世界だったら!」とつぶやく。すると、かがみのない世界に一変! ママはお化粧(けしょう)、パパはひげそりに大苦戦。さらに、水たまりにもガラスにも自分のすがたがうつることはなく、みんな似顔絵(にがおえ)でしか自分の顔を見ることができない様子だった。
そんな中、自分をかっこいい男だと思いこみ、二枚(まい)目スターになると言い出したジャイアンに、のび太はかがみを見せてみようと考える。ドラえもんが取り出した『箱入りかがみ』に入り、初めて自分を見たジャイアンは、それがまさか自分のすがただとは思わず、「ゴリラみたいにひどい顔だな」と大笑いするが…!?

(「かがみのない世界」てんとう虫コミックス 第27巻より)

Facebook Comments

Please rate this

Leave a Reply

Alamat email Anda tidak akan dipublikasikan. Ruas yang wajib ditandai *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.