(577)「へやいっぱいの大どらやき」「ドラドラスパイ大作戦」 No ratings yet.

「へやいっぱいの大どらやき」 ジュースばかり飲んでいることをママにしかられ、ふてくされたのび太が部屋に入ると、ドラえもんがなにやら実験のようなことをしていた。のび太に見られ、あわててごまかすドラえもんだったが、のび太に「とっておきのどら焼きをあげるから教えて」と言われ、説明を始める。 なんとドラえもんは、新種の細菌(さいきん)を作り出す実験道具『イキアタリバッタリサイキンメーカー』を使って、水からどら焼きを合成する菌を作っていたのだという。細菌とは何か、の説明から始めるドラえもんだったが、のび太にはむずかしすぎてわからないため、とりあえず続きをやって見せることに。 ところが、なかなか実験はうまくいかない。これまでも、388種類の菌を作ってみたものの、どれもうまくいかなかったのだという。気分を変えようと部屋を出て行くドラえもん。すると、残されたのび太は、自分がやればうまくいくとばかりに、勝手にサイキンメーカーを動かし、てきとうにいろいろな菌を作り出して…!? (「へやいっぱいの大ドラやき」てんとう虫コミックス 第20巻より) 「ドラドラスパイ大作戦」 スパイが主人公のテレビドラマに影響(えいきょう)され、すっかりその気になったのび太。スパイになれるひみつ道具がほしいと言われたドラえもんは、ポケットから『スパイ作戦ごっこセット』を取り出す。ところが、さっそく開けようとするのび太を止めるドラえもん。ムリに開けようとすると、爆発(ばくはつ)するというのだ…! まず、ドラえもんが「のび太くんに依頼(いらい)。どら焼きを取ってきてほしい。」と書いた紙を、ケースの投入口に入れたところ、ケースのスパイマークが光って消え、ひとりでにケースが開く。中から飛び出てきたインカムを頭に付けたところ、のび太が着ていた服がボディスーツに変わったからビックリ! そして、「恐怖(きょうふ)ノ女王ガ支配(しはい)スル要塞(ようさい)カラ 幻(まぼろし)ノスイーツヲ奪取(だっしゅ)セヨ」という指令が発令され、部屋の中がそのまま石作りになったかのような映像(えいぞう)が映し出される。 “ナマケモノ”というコードネームを与えられたのび太は、さっそく指令を実行するため、様子をうかがいながら台所へと向かうが…!?  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(576)「落とし物つりぼり」「強いペットがほしい」[2019年11月2日放送] 5/5 (2)

「落とし物つりぼり」 ジャイアンとスネ夫といっしょに学校のうらの小川につりに行ったのび太。ところが、よごれたクツや空きカンなどのガラクタしかつれず、次々と魚をつり上げるジャイアンたちにバカにされてしまう。くやしくてたまらないのび太は、持って行ったバケツをわすれたまま家に帰ってしまった…。 家では、ママが「バケツをどこへ持って行ったの?」とドラえもんを問いつめていたから大変! のび太から話を聞いたドラえもんは、“場所”と“さがしているもの”を告げると、さがし出してくれる『落とし物つりぼりとつりざお』を取り出す。さっそく、「学校のうらの小川」「バケツをつりたい」と告げたところ、なんとジャイアンのバケツがつれてしまった! あわててジャイアンのバケツをもどし、わすれてきたバケツをつり上げたのび太はひと安心。さらに、昨日落としたボールペンをつろうとしたところ、なぜかズボンがつれてしまう。そのズボンのポケットにボールペンが入っていたのだ。 ところがそれは、ジャイアンのズボンで…!? (「落とし物つりぼり」てんとう虫コミックス 第32巻より) 「強いペットがほしい」 犬のコンテストで優勝(ゆうしょう)したという親戚(しんせき)の犬をみんなにじまんするスネ夫。調子に乗ったスネ夫は、「ジャイアンのところのムクより頭が良さそうでしょ」と言い出すが、その犬の迫力(はくりょく)に圧倒(あっとう)されたジャイアンは、何も言い返せない。 それを見たのび太は、自分もペットを飼(か)いたいと考え、ドラえもんに『どこでもドア』と『桃太郎(ももたろう)印のきびだんご』を出してほしいと言い出す。ライオンを連れてきて飼いたいというのだ。反対するドラえもんに、『スモールライト』で小さくすると言い、ちゃんと世話をすると約束するのび太。 さっそくどこでもドアでアフリカに出発した二人は、すぐにライオンを見つけるが、ドラえもんが桃太郎のきびだんごを取り出せず大あわて。スモールライトで小さくして、どうにかつかまえることに成功する。ママに見つからないよう、天井うらを『クリーナーロケット』できれいにし、連れてきたライオンを飼うことにするが…!? (「強いペットがほしい」てんとう虫コミックス プラス第1巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading